スポンサーリンク

いすゞ藤沢工場の期間工 赴任から配属までの流れ コロナ禍VER.

ここ最近いすゞ期間工になったヒロシです。

現在、いすゞは期間工を積極的に採用していますね。

いすゞ期間工を検討されている方に向け、コロナという特殊な状況下での赴任から配属までの流れを解説します。

今のところ期間工は、藤沢・栃木から希望する工場を選べません。

栃木工場の場合は藤沢工場の流れと若干じゃっかん異なります。

スポンサーリンク

赴任から配属までの流れ

【日曜日】藤沢市へ赴任→入寮
【月曜日】PCR検査
【火曜日】休み
【水曜日】健康診断
【木曜日】休み
【金曜日】入社手続き+座学
【土曜日】休み
【日曜日】休み
【月曜日】座学+作業訓練
【火曜日】職場へ配属

各項目について軽く説明します。


【日曜日】藤沢市へ赴任→入寮

入寮する場合は日曜日に入寮します。


【月曜日】PCR検査

月曜日に藤沢工場でPCR検査がある。

寮または自宅から藤沢工場へ向かいます。

指定の場所は湘南台駅から徒歩20分ほど。

PCR検査は唾液を利用し、10分ほどで終了。

めちゃくちゃ簡単な検査です。

この日はこれだけ。


【火曜日】休み

火曜日は体調確認日で休みです。


【水曜日】健康診断

月曜日のPCR検査でコロナ陽性なら水曜日の午前中に電話がある。

2週間の自宅待機が必要なので、入職は延期

水曜日は午後に藤沢工場に集合し、バスで湘南台駅近くの病院へ移動。

ごく普通の健康診断を実施。

所要時間は90分ほど。

この日はこれで終わり。


【木曜日】休み

木曜日は体調確認日で休みです。

前日の健康診断で異状なら、この日の午前中に電話がある。


【金曜日】入職手続き+座学

PCR検査と健康診断で異常がなかった人のみ入職手続き。

午前中は書類の記入や作業服の配布など。

ちなみに作業服を受け取るときに、胸につけるバッジに配属部署が書かれてます。

車体製造部
  山田

↑こんな感じで

担当工程は職場へ配属されるまで分かりません。

グルメ男性

お昼は、食堂の利用方法を教えてもらい、そこから昼食タイム。

いすゞの食堂はメニューが豊富で安くて美味しいですよ。

午後からは座学です。

続きは翌週の月曜日。


【土曜日】休み

【日曜日】休み


作業員イラスト

【月曜日】座学+作業訓練

月曜日は座学を少しやって、あとは配属課に応じた作業訓練です。

例えば組立なら、インパクトドライバー、トルクレンチなど基本的な工具の使い方を訓練する。


男性

【火曜日】職場へ配属

いったん指定の場所に集合し、
組立・検査など各グループごどに職場へ移動。

配属後、職場周辺の案内がある。
それが終わったら、自分が担当する工程が分かります。

多分、この日は見学だけで終わるでしょう。

まとめ

本棚

ここまで説明してきた流れは、あくまでコロナ禍という特殊な状況下でのもの。

前回は入社日に健康診断があった。

それを考慮すると、平常時の流れは以下のような流れでしょう。

【0日目】入寮
【1日目】入社手続き+健康診断+座学
【2日目】座学+作業訓練
【3日目】職場へ配属

いすゞ期間工は訓練期間が短い。
最低限の訓練をして、あとは現場で習熟してください、というスタイルです。

以上、2021年3月時点の流れでした。

タイトルとURLをコピーしました