スポンサーリンク

トヨタ車体の派遣 振り返りブログ 体力テスト&研修&教場編

トヨタ車体の派遣なら日総工産がおすすめ。

入社特典は一括支給ではありません。
が、それでも80万円は驚異的。

>>トヨタ車体(日総工産の派遣社員)詳細


1年前のトヨタ車体派遣社員時代を振り返る企画

前々回の面接⇒赴任編

前回の健康診断&休日編

↑に続き、今回は体力テスト&研修&教場編


以下が、赴任から配属までの簡単な流れ

【木曜日】
愛知県豊田市へ赴任

【金曜日】
健康診断+入社手続き

【土曜日・日曜日】
休み

【月曜日】
工場へ入構 体力テストと座学

【火曜日】
研修1日目

【水曜日】
研修2日目

【木曜日】
配属先の工場で教育

【金曜日】
仕事開始

スポンサーリンク

トヨタ車体の派遣 体力テストと座学

【月曜日】

日総グリンピュア寮から車で吉原工場へ。

工場前にある体育館2階で体力テストと座学がある。

体力テストと座学は他の派遣会社も合同で行う。2020年当時は同じ部屋で行っていましたが、今はコロナの影響もあるので定かではありません。

体力テストの内容としては、

腹筋、腕立て伏せ、スクワットなどの項目があり、〇分で●回できれば合格。

具体的な数字は忘れましたが、大したものではありません。

私のときは脱落者0だったので。

日総工産は赴任時に寮の施設で体力テスト対策があり、具体的に合格の目安を提示され、スタッフに指導してもらえます。

座学については、各派遣会社のスタッフが交替で資料の読み聞かせを行う形式でした。

具体的には、

人権について

工場内でのルール
・ポケットに手を入れて歩かない
・歩きスマホ禁止
・階段の昇り降りは手摺てすりを利用
・斜め横断禁止
・指差呼称の実施など

最後にペーパーテストがある。

内容は、座学の内容確認から計算問題まで幅広く。

そんなに難しいテストではありません。

トヨタ車体の派遣 研修1日目は座学

【火曜日】

日総グリンピュア寮から富士松工場へ。

私は吉原工場でしたが、吉原には研修施設がないので富士松工場で行いました。

研修は配属先に応じた専門的な内容です。
つまり、この日には配属先が決定している。

・組立
・検査
・塗装
・物流

大別すると4グループだったはず。

初日は座学のみです。

最後にペーパーテストがあるので、気を抜かないようにしましょう。

研修2日目は富士松工場で実技試験

作業員イラスト

【水曜日】

日総グリンピュア寮から富士松工場へ。

この日は実技試験がある。

ここで不合格になる人もいるので要注意。

実技試験の内容は、指導員のお手本通り作業を行うだけ。

作業項目によっては時間制限があったり、出来栄えのチェックがあったり。

手を抜くと落ちる可能性があるので、本気で挑みましょう。

私の指導員はトヨタ車体OBの好々爺こうこうやでした。

実技試験を終えて研修センターを出ると、日総工産のスタッフがお出迎え。

そこで合格を告げられました。

他社も含めると、実技試験の合格率は8割。

10人中2人は不合格になる計算なので、意外と厳しいですね。

個人的な感想としては、真面目に取り組めば落ちないと思います。

この日は、仕事終わりに日総グリンピュア寮から新安城のアパートへ引っ越し。

荷物を日総工産の車に積んでもらい、スタッフと一緒に移動しました。

寮の立地は新安城駅と吉原工場の中間で、満足いく物件でしたね。

配属先の工場で教育 教場は大変だw

【木曜日】

この日は、引っ越しを終えたばかりの新安城の寮から吉原工場へ通勤。吉原工場なら、寮は工場周辺の物件です。私は自転車を無料で借りれたのでチャリ通でした。同期の人は車通勤でしたね。

午前中は挨拶あいさつと礼儀作法に関する訓練。

今もこの訓練があるのか定かではないが…
1年前の話なので、今もある可能性は大。

訓練中は教官が鬼教官に変身。
『キムタクが演じる風間の教場かよw』とツッコミたくなるような軍隊式訓練で、ライン作業よりこれが一番きつかったww訓練後は元の優しい教官に戻り、固い握手を交わして終了。

私のときは3人1組で1時間ほどの訓練でした。
内容としては、挨拶、指差呼称、敬礼など。

午後からは座学。

終わり頃にグループリーダーが迎えに来て職場へ。

【金曜日】

この日から仕事開始です。

>>トヨタ車体(日総工産の派遣社員)詳細

タイトルとURLをコピーしました