スポンサーリンク

期間工の面接と履歴書作成に関する心が軽くなるアドバイス

面接

老婆心ろうばしんながら、今回は期間工初心者に向けて、面接と履歴書作成に関するアドバイスを行いたいと思います。

私はこれまでに「トヨタ自動車、日産自動車、いすゞ自動車、日野自動車」で期間工をしてきました。言うまでもなく、面接には履歴書が必要ですね。

私の場合は全メーカー直接応募だったので、アウトソーシングや日総工産などの人材紹介会社から「履歴書作成・面接」に関するアドバイスは受けていません。

それでも無事に採用され、期間工になれました。

今回のアドバイスはマニュアル的な面接対策や履歴書の書き方ではなく、肩の力を抜いてもらうための私の実体験に基づくもので、こういうケースもあるのか~程度に読んで頂けたらと思います。

スポンサーリンク

期間工の面接 服装はスーツしかダメ?

今回は面接における服装、すなわち「スーツか私服か」に焦点を当てます。

多くの人が疑問に思うのが、面接はスーツを着ないと落ちるのか?ということでしょう。

漠然と、スーツを着用しないと採用されない、私服だと不採用になる…そんな印象を抱いているかもしれません。

そこで、期間工経験者の私の場合どうだったのかについて、体験談を述べます。

現在、期間工の面接は対面とWEBの両方がありますが、私が過去に受けた面接は直近のいすゞ自動車を除けば、すべて対面式でした。

そして結論から言うと、
「トヨタ、日産、日野、いすゞ」
すべて私服で面接を受け、問題なく期間工として採用されています。

服装は派手過ぎないものを着用。全盛期の吉田栄作のように「白Tシャツ&ジーンズ」みたいなシンプルなものがよいでしょう。

面接はスーツ着用で臨むというのが一般的ですが、期間工の面接については私服でも問題ありません。

それが合否に大きく影響することはない。

ただ、デンソーだけは唯一、スーツ着用で面接を受けたのに落ちましたw

絶対に合格したかったので、気合を入れてスーツを着たのに。

しかも、デンソーは噂通りの圧迫面接ww

デンソーは仕事が楽で稼げるとあって出戻りが多く、落ちた理由は単純に競争率の高さにあったと思います。

今のデンソーは個別のWEB面接かもしれませんが…昔は応募者は指定の会場に集まり、最初は合同で説明会→個別の面接という流れ。

当時の私はスーツ着用でしたが、その中にゴリラーマンに似た中年男性がいて、ウルトラマンのTシャツを着ていました。

おじさん×ゴリラーマン×ウルトラマンという絶妙な組み合わせに、私は思わず相好そうごうを崩してしまったのを今でも鮮明に覚えています(笑)

この例のように、私服で面接に参加した場合、周りにスーツの割合が高いと浮いてしまうことがある。

最後に、入社祝い金+選考会参加費を得るために人材紹介(派遣)会社からの紹介でメーカー側との面接に臨む場合、スーツの着用をすすめられます。

スーツを所有していて着用が苦にならないなら、スーツ着用が無難。

ただし、繰り返しになりますが、それ自体が合否に大きく影響することはありません。

期間工の履歴書 職歴の書き方

期間工の履歴書の書き方で一番気になるのは「職歴」でしょう。

それ以外の項目については、市販の履歴書にある記入例を参考にすれば問題なし。

私がそうなのですが職歴が多い人の場合、全部を履歴書に書くのは不可能(笑)

そうなってくると、職歴を端折はしょる、すなわち一部を省略する必要が出てくる。

具体的には、短期(6ヶ月以下)のアルバイトや仕事は履歴書に書かない。

この裏技?はグレーゾーンだし自己責任ではありますが、私は期間工をしてきて今まで一度も会社から指摘されたことはありません。

ただし、面接の際に面接官から『履歴書に虚偽の内容があった場合、採用を取り消す場合があります』とくぎを刺されるので、悪質なものはダメです。

例えば、以下のようなものは論外。

・学歴が中卒なのに大卒と書く
・業界未経験なのに〇〇自動車満了と書く

判断が難しいのが、同業他社における「契約期間中の自己都合退職やバックレ」です。

これについては、正直に履歴書に書いたほうがよいでしょう。

不採用になる確率は高まるかもしれませんが、それでも採用率0%ではないですし、後でバレると面倒ですからね。

期間工の面接と履歴書作成 まとめ

  • 面接において、スーツを着用する・しないが合否に大きく影響することはない
  • 私服で面接に臨む場合は控えめな服装にしよう
  • 派遣会社からの紹介でメーカーとの面接に臨む場合、スーツの着用を求められる
  • 面接会場において周囲の目が気になるならスーツを着用しよう
  • 職歴の一部を省略する裏技はグレーゾーンであり自己責任となる
  • 悪質な学歴・職歴詐称は絶対にやめよう
期間工の強い味方
アウトソーシング
期間工.jp

期間工.jpは期間工専門の求人情報サイトであり、大手人材紹介会社アウトソーシングによる運営だから安心です。

期間工.jpの2大特典
①手厚いサポートで内定率UP!
②選考会参加費の支給(※メーカーによる)

>>期間工.jpはこちら


期間工
ヒロシの期間工ブログ
タイトルとURLをコピーしました