スポンサーリンク

私が期間工ブログを卒業した理由 これから期間工ブログを始める方へ

つい先日、ある期間工ブログを読んでいたら、私がいじられていました(笑)

記事の一部を抜粋すると、

それは某社に出戻った某氏の期間工ブログを見ても明らかです。

彼は最初の1週間の近状報告をした後にパタっと消息を絶ちましたが、

【前回の工程は楽で、今回はキツイ】というブログの一文が全てを物語ってますよね。

おそらく前述の期間工と同じで瞬殺されたのでしょうw

まあ、最初の1週間でブログの更新が止まるというのも、

期間工ブログのゴールデンパターンですよね。

まさに歴史は繰り返す。

アボガドペンギンさんの消息は存じませんが、私は今も現役で期間工を続けていますよ。

ブログを更新しなくなった理由は瞬殺されたからではなく、期間工ブログを卒業したから。

ひっそりと消える予定でしたが…薫さんの記事にあるように急に更新が途絶えるのもどうかと思い、こうして記事を書くことにしました。

私が期間工ブログを始めたのは2020年10月のことです。

それから約6ヶ月、実体験を基に少しずつ記事を書いてきました。

ワードプレスもブログも初めてで、まったくの知識ゼロからサーバーやドメインを契約し、期間工ブログに挑戦してきました。

このブログは趣味でやってる無料ブログではなく、有料サービスを利用した収益目的のブログです。備忘録としての日記を書くなら無料ブログで十分ですし、本来はそれが期間工ブログのあるべき姿なのかもしれません。

期間工ブログの型は大別すると2つ

まとめ系(網羅型)
日常系(日記型)

具体的なブログの例としては、
前者⇒かげぽんさん
後者⇒北のななしさん

網羅型だと無機質になるし、
日記型だと、どこまでプライベートをさらすべきか・どこまで人間味を出すべきか葛藤がある。

まとめ系+日常系のハイブリッド型もありますね。

どの型であっても舵取りが難しいのが期間工ブログの特徴です。

私が期間工ブログを始めたきっかけは、
かげぽんさん、
伝説の期間工さん、
このあたりの影響が大きいですね。
収益化という点で。

で、
結論から申し上げますと、
収益化を目的とするなら、
これから期間工ブログを始めるのは厳しいでしょう。

期間工ブログの上位層は固定状態にあり、
かなり寡占かせん化が進んでいる印象です。

彼らは期間工ブログの先駆者であり、新参者しんざんものが追い抜くのは至難の業でしょう。

そもそも世間的には期間工の認知度が低いので、期間工ブログはニッチ隙間な分野だと言えます。

ですが、期間工ブログという分野は前途洋々ではありません。
言わば、ブルーオーシャンに見えるレッドオーシャン。

そして、私が期間工ブログを卒業する決定打となったのが、職業安定法の改正です。

人材紹介(派遣)会社から期間工へ支給される入社祝い金は、職業安定法の改正により2021年4月1日から廃止になりました。

この法改正の後で大手がどう動くか注意深く見守っていたのですが、アウトソーシングも日総工産も法にのっとり4月頭に入社祝い金を廃止したので、以前と比べて「期間工になるなら派遣会社を利用した方がいい」という言葉の訴求力が大幅に弱まってしまった。

今後、場合によっては期間工案件そのものが終了することも想定しておく必要があるでしょう。

このような状況では、収益を目的とした期間工ブログを続けるのは厳しいです。

私は期間工ブログの後発組なので、たった半年しか期間工ブログを運営していません。

だから先駆者と比べ記事も少なめだし、現役期間工だからといって期間工ブログに固執する必要もなく、すぐに見切りをつけることができた。大して失うものがないですから。

何より法改正のタイミングが絶妙で、
ブログ開始から半年だったことに加え、
桜が舞う卒業の季節を経て、
4月からは新年度の始まりです。

ヒロシ
ヒロシ

期間工ブログを卒業するなら今でしょ!
そう強く思いました。

引退ではなく卒業としているのは、他の分野で頑張るということです。

半年間だけど実際にワードプレスでブログをやってみて、知識ゼロの状態からHTMLやCSS、ブログの仕組みなどを学ぶことができました。

これが一番の収穫でしたね。

ちなみに当ブログの半年間の収益に関しては、1万円にも満たない額ですw
サーバー代が1年契約で約1万円だったので、今のところ赤字ですね。

今後は期間工に関する投稿はしない予定ですが、気になった事があれば投稿するかも。

以上、私の現状とブログ運営に関する報告でした。

このブログが、期間工を目指している方や期間工ブログを始めるか迷っている方のためになれば幸いです!

最後までお読みいただき有難うございます♪

期間工の強い味方
アウトソーシング
期間工.jp

より確実にお得に期間工になるなら、大手人材紹介会社アウトソーシングが運営する期間工.jpを利用しよう。期間工に特化した求人サイトだから漏れなく探せます。

▼期間工.jpの2大特典▼
①手厚いサポートで内定率UP!
②選考会参加費の支給(※メーカーによる)

≫期間工.jpはこちら


その他
ヒロシの期間工ブログ
タイトルとURLをコピーしました