シリウス不要!ワードプレスでペラサイトを量産する方法

アフィリエイトでペラサイトを量産する場合、サイト作成ツールの「シリウス」が定番ですね。

しかし、シリウスは上位版だと約25000円もします。

・ペラサイトをやってみたいけど、初心者だからシリウスを購入するかためらっている

・ブログもやってみたいからワードプレスも捨て難い

そういった悩みを持つ方に朗報です。

ConoHa WINGならWordPressでブログを始めるのが簡単で、サイトコピー機能を利用すれば、ワードプレスでペラサイト量産もできちゃいます!

だから、どちらも挑戦したいならレンタルサーバーはConoHa WING がおすすめ。

個人的な話になりますが、私は2020年10月に初めてワードプレスでブログを始めました。

サーバーは「ConoHa WING」で、
テーマは「Cocoon」です。

ジャンルは転職系で、期間工というニッチな分野。

しかしながら残念なことに、ブログ開始から半年後に転職に関する法改正があり、期間工ブログで収益をあげるのが難しくなりました。

参考までに無料テーマでもCocoonなら、こんな感じの特化ブログが作れます。

ヒロシの期間工ブログ

本題に戻ると、ブログを断念し次に何をするか迷っていたときに「ペラサイト」の存在を知りました。

そこで、この記事では、
私の実体験を基にして、
サーバーはConoHa WINGを利用し、
無料テーマCocoonを使い、
ペラサイトを量産する手順を紹介します。

ワードプレスでペラサイトとブログ両方やるなら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ConoHa WING 公式サイトはこちら

この記事でわかること
  • ワードプレスでペラサイトを量産する方法と注意点
  • ConoHa WINGでおすすめのプラン

ConoHa WINGはペラサイト量産が可能

私はペラサイトを知ったとき、それと同時にシリウスの存在も知りました。

アフィリエイターにとっては、
ペラサイト=シリウスで量産というのが定番ですよね。

サイト作成ツールSirius(シリウス)は買い切りタイプの商品であり、
・通常版は18,800円
・上位版が24,800円

シリウスは1ページだけのペラサイトを量産したり、数ページで構成されるミニサイトの作成には威力を発揮しますが、30ページを超えるようなブログ運営には不向きです。

私はここでシリウスを購入するか迷いました…

しかし、私は幸いにもConoHa WINGユーザーだったので、サイトコピー機能でペラサイトを量産する道が拓けたのです。

本来ならワードプレスでペラサイトを作成しようとすると、とにかく初期設定が面倒で、コピー機能がないと大変。

他サーバーならシリウスでペラサイトを量産した方が効率がいいですが、コノハウィングだけは話が別です。

コノハウィングのコントロールパネル画面

サイトコピー機能はコノハウィング特有のもので、コピー種別は以下の2種類。

①全て
→テーマとプラグインに加え、記事や画像などサイトをまるごとコピー

②テンプレートのみ
→テーマとプラグインのみコピー

つまり、あらかじめペラサイトのテンプレートを作っておけば、あとは①でテンプレをまるごとコピーすることで、同じ設定のペラサイトを量産可能!

これにより初期設定、すなわち

  • Cocoon設定
  • テーマのインストール
  • プラグインのインストール
  • よく使う画像の追加
  • 固定ページをホームページに設定

以上の手間が省けます。

ConoHa WINGは、他社のレンタルサーバーからの移行作業も簡単!

無料ツールの「WordPressかんたん移行」や専任の担当者にお任せできる「WordPress移行代行サービス」などがあります。

Cocoonで作成したペラサイトの見本

女性

ワードプレス(テーマは無料のCocoon)で作成したペラサイトの見本がこちら。もちろん、サイトコピー機能を利用して作りました。

いわゆる商標ペラサイトであり、
狙ったキーワードは
ホワイトニング東京+施術+痛い」で、
3語のロングテールキーワードです。

肝心の収益は…ですね(笑)

ConoHa WING 公式サイトはこちら

サイトコピーを利用するときの注意点

私が実際にConoHa WINGのサイトコピー機能でペラサイトを量産して気になった事や、その解決策について書きます。

固定ページのスラッグ

スラッグとはURLの最後の部分で、これは好きな文字列に指定可能です。

【例】https://www.perasite.com/●●/
例に挙げたURL末尾の●●部分がスラッグ

ワードプレスでペラサイトを作成する場合、固定ページをホームページ(トップページやフロントページとも呼ばれる)に設定します。

その際、最初にホームページに設定する固定ページを作りますが、このスラッグは何でもOK。固定ページをホームページに設定した時点で、自動的にホームページのURLに変更されます。

先の例で言うと、ホームページに設定した固定ページのURLがhttps://www.perasite.com/になる。

コピー元とコピー先のURLの関係

サイトコピーは、同じConoHa WINGのサーバー上でしか行えません。
ですので、コピー元のサイト(ドメイン)もコピー先 のサイト(ドメイン) も同じサーバー内にある必要があります。

コピー元となるサイトをサイトコピーでコピー先に複製すると、中身と設定はそのままで、URLだけが異なる同じサイトが完成します。

ゆえに、変更する必要があるのは、サイト名とキャッチフレーズや固定ページの中身ぐらいで、URLやスラッグの変更は必要ありません。

つまり、コノハウイングのサイトコピー機能を利用すれば、ワードプレス特有の面倒な初期設定は不要であり、すぐにペラサイトの中身の作成に取り掛かれます。サイトコピーは1分ほどで完了。

ペラサイトの作成は、
ドメインを取得

ドメインとサーバーのひも付け

サイト作成の順ですが、
この流れはシリウスも同じなので、それ以外に要する時間は同等だと思われます。

ワードプレスはシリウスよりも装飾や機能が豊富であり、ペラサイトからミニサイトや特化サイトへの拡張性も高いので、選択肢が豊富だと言えますね。

サイトコピー機能を使えばワードプレスで作るペラサイトであっても、無料独自SSLが有効化されるまでの待ち時間を除けば、ドメイン取得からサイト完成まで1時間でいけますよ!

キーワード選定とサイトの中身を作るのに慣れれば、ペラサイト量産は余裕です。

サイトコピーだけなら1分で終わりますから。

コピー元のPV数が引き継がれる件

サイトコピーを利用すると、コピー元となるサイトのアクセス数も引き継がれます。

このアクセス数をリセットして0にしたい場合は、プラグインを使えば簡単ですよ。

すぐに一括でリセット可能です。

詳しい手順は↓ ↓ をご覧ください。

CocoonのPV数を一括リセットする方法

ConoHa WINGでワードプレスを始める場合、デフォルトでは無料テーマの「Cocoon」がインストールされる。

そして、Cocoonでは記事ごとに
・今日
・今週
・今月
のアクセス数が表示されます。

ペラサイト用のテンプレ(コピー元)にアクセスがあると、そのアクセス数が新規ペラサイト(コピー先)にも引き継がれますが、これはプラグインで簡単にリセット可能。

その際にWP-DBManagerを利用しますよ。
以下の①~⑥の手順で進めます。
掲載してある画像の通り進めればOK。

①プラグイン→新規追加

②キーワード「WP-DBManager」で検索→今すぐインストール→インストール後に有効化

③ダッシュボードのデータベースで「テーブルを空にする/ドロップする」を選択

④一覧表の「wp_cocoon_accesses」の「空」を選択

⑤一番下にある「空にする/ドロップ」を選択

⑥記事のPVがリセット(0)になっているか確認

一括リセットが成功していたらWP-DBManagerを無効化し、削除してOKです。もう一度PV数をリセットしたいときは同じ手順で進めてください。

※PV数の一括リセットに関して、上記以外の設定はいじらないでください。

詳しくは手順①と②参照
詳しくは手順③と④と⑤参照
詳しくは手順⑥参照

WINGパックの独自ドメインについて

無料で使える独自ドメイン2個

ペラサイトにしてもブログにしても、ワードプレスを始めるならサーバーだけではなくドメインも必要になってきます。

ConoHa WINGの長期利用割引プラン「WINGパック」なら、
サーバー料金がお得なのに加え、
「.com 」+「.tokyo」など、
独自ドメインが最大2つまで永久無料。

WINGパックの詳細はこちら

独自ドメインの管理はConoHa WINGのコントロールパネル上で行えます。

注意したいのは、永久無料なのはWINGパック契約中のみ。

WINGパックを解約するとドメインも自動的に解約されますが、任意でドメインだけ継続して利用も可能です。

ところで、サーバー契約から1年が過ぎようとしていた時に、同じGMO INTERNET GROUPの「お名前.com」からドメイン更新に関するメールが届きました。

独自ドメインの更新確認メール

これはつまり、ConoHa WINGから他社のサーバーへ乗り換えるときは、ドメインだけを継続して利用するなら管理は「お名前.com 」に移管されるってことですね。

だから、新規ドメインを大量に取得してConoHa WINGでペラサイトを量産するなら、お名前.comでドメインを取得することをおすすめします。

ConoHa WINGでおすすめのプラン

黒板

ペラサイトは、1ページ(トップページ)に対して1つのドメインが対応します。

つまり、1:1対応なので、100サイト作るなら100個のドメインが必要になる。

ドメインの取得については、同じGMOグループのお名前.comがおすすめ。

お名前.com なら、
ペラサイト定番のxyzドメインは30円

これは最初の1年間の料金ですが、ペラサイトは多産多死なので、売れたサイトのみ1年後に契約更新すればOK。

xyzドメインなら更新料は税込1628円です。

ペラサイトは数で勝負という側面があり、大量のドメインを取得することになります。ゆえに、サーバーを契約するにあたり、注意してプランを選ばなければなりません。

特に、マルチドメインとMySQLには注意が必要です。

・マルチドメインとは、1つのサーバーで複数のドメイン(WEBサイト)を扱うこと。

・MySQLとは、ワードプレスの運営に必要なデータベースのこと。

まとめると、ペラサイトを量産するなら、

  • ドメイン:無制限
  • データベース(MySQL):無制限

このどちらも満たすプランを選ぶ必要があります。

続いては、ConoHa WINGでおすすめのプランについて。

おすすめプランは、WINGパックのベーシック12ヶ月です。

もちろん、ベーシックはペラサイトを量産するための条件を満たしていますよ。

ConoHa WINGはレンタルサーバーの全てのプランで長期利用割引プラン「WINGパック」の利用が可能で、WINGパックなら独自ドメインが最大2つまで永久無料!

最短3ヶ月から利用可能ですが、ペラサイト・ブログのどちらをやるにしても、1年がちょうどいい長さだと思う。

報酬の発生が早いと言われるペラサイトでも、早くても報酬発生まで3ヶ月は要しますし、ミニサイトや特化サイトだと更に長い目で見る必要があります。

WINGパックは、契約期間が長くなるにつれ割引率も高くなるのが嬉しいところ。

WINGパック
ベーシック
12ヶ月
901円/月
1,320円 31%OFF
SSD300GB
転送量目安27.0TB/月
ドメイン無制限
データベース無制限
メモリ8GB
vCPU6コア
独自ドメイン最大2つまで永久無料
初期費用無料

ConoHa WING 公式サイトはこちら

ConoHa WINGまとめ

本棚
ConoHa WINGなら
  • サーバー料金が安く、表示速度が国内No.1であり、WordPressサイトの開設が簡単
  • サイトコピー機能が利用できる
  • 無料独自SSLを簡単に即日発行できる
  • 全プランで長期利用割引プラン「WINGパック」が利用できる
  • ベーシックの12ヶ月契約なら、サーバー料金は月1000円未満
  • WINGパックなら独自ドメインが最大2つまで永久無料
    →【例】.com + .tokyoなど
  • ワードプレスでペラサイト量産が可能
    →ワードプレスなら売れたペラサイトをミニサイトや特化サイトへ昇華できる

ConoHa WING 公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました